HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 資格 > 公認スポーツファーマシストになるには

公認スポーツファーマシストになるには

資格

公認スポーツファーマシストになるには最新の「アンチ・ドーピング」規則に関する正確な情報・知識を持つ事で 、スポーツ選手や愛好家に、薬の正しい使い方・付き合い方を指導する事を目的とした専門家を「公認スポーツファーマシスト」と言います。
全国に約6,000人 (2014年度現在)いると言われる「JADA公認スポーツファーマシスト」ですが、これは「都道府県」ごとに検索することが出来るので、様々なスポーツ選手・愛好家の個々にあった条件で絞り込み指導を受ける事が可能です。

「公認スポーツファーマシスト認定制度」は「公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)」によって主催され「公益社団法人 日本薬剤師会」の協力の基2009年度より実施が開始されました。
競技者を含め、様々なスポーツ愛好家を対象に、最新のドーピング防止規則等に関する的確な情報や知識を持ち合わせ、薬の正しい使い方・健康教育等の指導をはじめ普及・啓発を目的とした薬剤師の育成の為の認定プログラムです。

主な活動例として「国民体育大会」における都道府県選手団への情報提供・啓発活動や、トップレベル競技者・指導者への情報提供や啓発活動をする等、あらゆるスポーツの分野で活躍しています。
また、学校教育の現場においても薬物に関する「基礎知識や情報提供」「啓発活動」「ドーピング防止教育啓発活動」においての講演会で講師を務める事もあります。

「公認スポーツファーマシスト」になる為には、まず「必要な講習会」及び「実務講習会」を受講しなければなりません。
その際には、薬剤師の資格を有していれば「基礎講習会」の受講は可能です。

受講後「知識到達度確認試験」で合格した受講者のみ「JADA」による「認定証」が発行されます。
有効期間は「4年間」とされ、その後の資格更新の際にも基礎講習会を受講して、試験合格後に認定更新を行いますので、資格を維持する為に毎年実務講習を受ける事が更新の条件とされています。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜