HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 資格 > 抗菌化学療法認定薬剤師になるには

抗菌化学療法認定薬剤師になるには

資格

「抗菌化学療法認定薬剤師制度」は2008年に「日本化学療法学会」によりを発足された
「認定薬剤師制度」の一つです。
「感染制御専門薬剤師」と混同されがちですが「抗菌化学療法認定薬剤師」は「抗菌化学療法」に特化された資格です。
「院内感染・耐性菌」などに対する「感染症治療」が難しいとされている現在「抗菌薬の専門家」としての重要な役割を担う事となります。

これまで「抗菌化学療法」においての薬剤師は「TDMのデータ」を基に「抗菌薬の投与設計を医師に助言する」といった支援的役割でしかありませんでした。
しかし「抗菌化学療法認定薬剤師制度」が発足された事で、今まで以上に踏み込んだ「医師と一緒に治療していく」という事が可能となり、あらゆる感染症・病態における「抗菌薬の使用・提案をすること」が大きな役割とも言えます。
今後は「抗菌薬のスペシャリスト」なる事で「チーム医療における薬剤師」として「積極的関与」が期待されています。

「抗菌化学療法認定薬剤師」の申請においては、様々な条件を満たす必要があります。

・薬剤師免許があり、優れた人格及び抗菌化学療法の見識を備える
・申請時に、日本化学療法学会が認定する研修施設などで通算5年以上の研修を行う
・申請時において、日本化学療法学会の正会員である
・医療機関において、薬剤管理指導・TDM(治療薬物モニタリング)・DI(医薬品情報)などの業務を通じて感染症患者の治療(処方設計支援を含む)に参加した25例以上の症例を報告
・学会指定の「抗菌薬適正使用の研修プログラム」などの「規定の単位数の取得」

これらの条件を満たした薬剤師は「認定委員会」より「抗菌化学療法認定薬剤師試験受験資格」の受験資格の有無を判断された後に、受験することが可能です。

また合格後の申請には、別途1万円が必要となります。
5年ごとの更新が必要とさされていますので、期間内に「必要条件」を満たす事が必要です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜