HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 資格 > 研修認定薬剤師になるには

研修認定薬剤師になるには

資格

「生涯研修」の一環として「研修認定制度」と言うものがあります。
現在、様々な団体が「薬剤師認定制度認証機構(以下CPC)」の認証により「生涯研修認定制度」の実施を行っており「一定の研修実績」に基づく「認定証」が授与されています。
肩書きとしても有効とされる「認定薬剤師」は「最新の知識での医療提供」を行う事がで出来る「薬剤師の証明」とも言えます。
薬剤師として、是非目指していただきたい制度です。

具体的なに「研修認定薬剤師」の「認定証」の取得方法は、各「認定薬剤師認証研修機関(以下プロバイダー)」より研修に必要な「薬剤師研修手帳」を購入する事からはじまります。

次に各プロバイダーによる研修において、4年以内に40単位以上(各年5単位以上)取得する必要があり、受講した際には、購入した「薬剤師研修手帳」に受講証明である「単位(シール)」を取得します。
これはCPCにより認証された認定制度のものであれば、全て有効となります。
ただし内容が重複している場合等は有効にならない事もありますので、各プロバイダーの詳細を確認しておきましょう。
また、単位(シール)の添付の際には研修内容を記録し、認定を受けたいプロバイダーの規定を確認の上、必要な単位数・年限を確認しておく必要もあります。

期間内に「規定の単位」を取得後「認定の申請」を行います。
「認定の申請」は認定を受けたいプロバイダーへ「手数料」を振り込み「研修手帳」と「研修認定薬剤師新規申請書」の提出をする事で「研修認定薬剤師」として初めて登録をされ、「認定証」が交付されるのです。
この認定後は3年毎の更新となりますので、各プロバイダーによって「定められた期間・条件」に沿って更新をするようにします。

様々なプロバイダーにおいて認定の対象となる研修方法(集合研修・実習研修・自己研修等)が違いますので、自分に合わせた研修方法を選び、確認した上で受講手続きを行いましょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜