HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 資格 > ケアマネージャー

ケアマネージャー

資格

「ケアマネージャー」の正式名称は「介護支援専門員」と言い、通称「ケアマネ」とも呼ばれます。
「ケアマネージャー」とは、言うなれば「在宅介護」の良きパートナーです。
在宅介護を行う上で大切な事は「要介護者やその家族が最適な介護環境を整える」事なので、その為にも「利用者とその家族を介護のプロと繋ぐ役割」を担う「ケアマネージャー」はとても重要な仕事なのです。

「社会福祉士」や「介護福祉士」のように国家資格ではありませんが、「介護保険法施行令」により「ケアマネージャー」の資格の取得には、まず最初に、各都道府県知事が主体となり行われる「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格しなければなりません。
その後「介護支援専門員実務研修の受講」「介護支援専門員名簿への登録」「介護支援専門員登録証明書の発行」となっています。
「任用資格」ではありますが、なぜか「国家資格」のような性格を持ち合わせている部分もある特殊な業務と言えるでしょう。
その例として、ケアマネージャーの業務である「ケアプランの作成」等を「要支援者・要介護者およびその家族」でも作成する事は可能ですが、「ケアプラン作成を含めたケアマネジメント業務の報酬」に関しては「ケアマネージャーの資格を有する者だけ」と定められているのです。

「ケアマネージャー」資格の大きな特徴として、取得後の更新制度があります。
これは「ケアマネージャーの供給過剰」と言う事を受け、平成19年度より「介護支援専門員」の登録に関して「5年毎に所定の研修を受ける事が必要」とされる「登録更新制度」が導入されました。
「登録更新」をしない場合は、せっかく取得した「ケアマネージャー」の業務を続けることが出来なくなりますので、必ず更新するようにしましょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜