HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 資格 > 介護職員初任者研修

介護職員初任者研修

資格

以前まで「訪問介護員養成研修(1級~3級)」及び「介護職員基礎研修」と呼ばれていた資格ですが、平成25年4月より「介護職員初任者研修」として一元化されることになりました。
「厚生労働省」により導入された、この制度のカリキュラム内容は「旧ホームヘルパー2級」に相当する内容となっています。

以前までは、研修を受講する事で、修了証が発行されていた「ヘルパー2級」の資格ですが、今後は「研修終了後の筆記試験」が加わる事で、充実した資格へと大きく変わりました。

その理由としては「研修終了後に実際の介護職に就く人が少ない」「いったん介護職に就いても、すぐ辞めてしまう」等が挙げられ「無意味な研修」とも呼ばれていたからです。
それを防ぐ意味でも、筆記試験を追加し、「真面目に研修を受ける」「介護職員の質を高める」と言う効果を狙いにしているのです。

「介護職員初任者研修」は「130時間」と定められています。
各都道府県はこの研修を、厚生労働省から出された指針を基に、「講義」と「スクーリング・実技スクーリング」を並行して行う事で、より理解が深まるよう工夫された内容に構成しています。

また、即戦力としての「高齢者支援」を出来るよう研修を受ける事で、介護職として一番大切な「高齢者の尊厳」「自立支援」について深く知ることが出来ます。

この様に「身体介護・生活援助・相談助言」で演習を交えながら学ぶ事で、人として大きく成長できる「意義ある研修」に生まれ変わったのです。

この法改正は、今まで複雑だった、介護職の「資格取得」を簡素化すると言った意味もあります。
資格取得の簡素化は、将来的に「介護職員実務者研修・介護福祉士・認定介護福祉士(仮称)」と言った「介護職員初任者研修」の上の資格が連動して整備される事で、キャリアパスする目的をわかりやすくし、「生涯の職業」として全うしてもらえる事を、大きな目標としているのです。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜