HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 資格 > 腎臓病薬物療法専門薬剤師になるには

腎臓病薬物療法専門薬剤師になるには

資格

「日本腎臓病薬物療法学会」における「腎臓病薬物療法専門(認定)薬剤師認定制度」とは「透析・腎移植」を含めた「慢性腎臓病(CKD)」の診療など、腎臓に関わる幅広い「薬物適正使用」が実践できる「一定水準以上の知識・技能」を有する「腎臓病・透析・CKD」に関する専門性を生かした「学術活動・研究活動」の実績を持つ薬剤師を認定する制度を指します。

そもそも「腎臓病薬物療法認定薬剤師」は「透析・腎移植」を含めた「慢性腎臓病(CKD)」だけに特化したものでは無く「急性腎障害」や「腎臓が未発達の未熟児」及びCKD患者として最も高い割合を占めている「高齢者」等に対しての薬物療法を含む、腎臓に関する幅広い「薬物適正使用」を推進する事が目的として発足されました。
医療現場において、腎臓病・透析・CKDに関する専門性を活かし、また疾病・病状を熟知した薬剤師を養成する事は、一人一人の患者様に合わせ、最も適した「有効」で「安全」な薬物療法を提供する事に繋がります。

「腎臓病薬物療法専門薬剤師」に至っては、更に、その充分な知識や経験及び、技術を培う事で、「腎臓病薬物療法」に際しての、指導的立場としての役割を果たす事が重要とされます。
その為、研究活動等においての秀でた能力を併せ持つ事が必須とされます。

「腎臓病薬物療法専門薬剤師」になる為には、具体的には「腎臓病薬物療法認定薬剤師として3年以上の診療経験」「日本腎臓病薬物療法学会に5年以上在籍」「日本腎臓学会と日本透析医学会の両会の会員であること」「5回以上の学会発表」「3編以上の学術論文」「直近5年間の30症例の自験例の提出」が申請条件とされています。
その後試験を受け、合格する事で「腎臓病薬物療法専門薬剤師」として認定されます。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜