HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 資格 > 普通自動車免許

普通自動車免許

資格

最近の学生さんの中には、「必要が無いので、普通自動車免許は取得していません」と言う話を耳にします。
確かに、都市部に居住している場合は、殆ど必要ないかもしれません。
地下鉄や、電車、バスなどの公共の交通機関を利用した方が、移動に便利な場合もあります。
しかし、実際はどの求人情報を見ても、最低限必要な資格として「普通自動車免許」と記載されています。
これは、薬剤師に関しても同じです。

「身分証明書」として便利なのはもちろんですが、そればかりではありません。

いざ、就職活動をした場合、勤務地を都市部に限定して探すのはきわめて困難です。
特に薬剤師を始め、医療従事者が必要とされているのは、基本的には公共の交通機関もままならないような地方や、農村部での求人が多くなっているからです。

また、薬剤師関係の職種で「MR・CRA・営業職・生理検査会社の回収業務」等、車の運転を必要とする職種はたくさんあります。

在宅医療等も、医師や看護師・介護士の他に薬剤師も必要とされている場合、やはり車の運転が必要とされます。

「原付免許があるから大丈夫」と思っている方も、やはり「普通自動車免許証」を取得していた方が、就職・転職には天と地ほどの大きな差が出てきます。

薬剤師として、仕事を探している場合、または、それに準ずる仕事に就きたい場合、少しでも選択肢を広げておきたいのであれば、時間の自由がきく学生時代に取得しておくことをお勧めします。

薬剤師を始め、医療従事者は、とにかく時間の余裕はありません。
自動車免許の取得には時間が掛かる物です。
「普通自動車免許」を取得する事で、社会人にとって、最低限必要な交通ルールやマナーもきちんと覚えられます。
時間に余裕がある内に、取得できる資格は出来るだけ多く取得しておくことが賢明です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜