HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 資格 > 医療事務

医療事務

資格

基本的には、無資格・未経験でも働けますが、医療保険等の専門知識が必須となりますの
で、初めての場合は最低限の知識は習得しておく必要があります。

「医療事務」の主な仕事は「レセプト作成業務」と「カルテ管理業務」です。
「レセプト作成業務」とは「診療報酬明細書の作成業務」の事で、最も専門知識と正確さが必要とされます。
病院の収入の大半を占める「診療報酬」を計算する為、正確さとスピードを必要とし、更に専門的な知識を必要とする業務です。
「カルテ管理業務」は、患者さんのカルテを管理する事なので、日々の業務の大半を占める仕事です。
初診の患者様に関する情報の入力作業や、再診の場合は、該当する患者様のカルテを探して医師に渡します。
また、診察終了後に、間違いないようカルテを戻す事で、次回の受診の際にも速やかにカルテを探すことが出来るのです。
簡単ではありますが、細心の注意が必要な作業でもあります。
現在は手作業での管理ですが、医療のIT化に伴い「電子カルテ」を導入する医療機関が増えてきました。
しかし、扱える人材が不足しているのが実情です。

「医療事務」に関する資格は10種類以上あります。
中でも人気があるのは、一般的な医療事務知識を学ぶのに適している「メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)」と「医療事務管理士技能認定試験」です。
どちらも難易度が低いので、通信講座等で勉強後に資格取得をしてから、就職先を探したほうが良いでしょう。

「 診療報酬請求事務能力認定試験」は、唯一の「厚生労働省認可国家認定試験」の為難易度も高い資格です。
医療事務職員の多くは、仕事をしながら勉強をして資格取得をしていますので、この資格は就職後に実務経験を積みながら合理的に取得した方が良いでしょう。

また「電子カルテオペレーション実務能力認定試験」の資格を取得する事で、今後のIT化に伴い就職はかなり有利になると言えるでしょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜