HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 資格 > 医薬品情報専門薬剤師

医薬品情報専門薬剤師

資格

「医薬品情報専門薬剤師」と言う資格は「チーム医療」における医師や看護師らと連携した「個々の薬物による療法」による、組織的な活動とは異なっています。「病院・企業・大学・研究機関」等、様々な専門機関に対する「医薬品情報」を活用し、大きな組織に対しての「医薬品の適正使用」及び「療法の適正化と安全性情報」の活用を促進する役割を目的とした資格とされます。

「医薬品情報専門薬剤師」の受験資格を得る為には、いくつかの到達目標(SBOs)を設定した上で「日本医薬品情報学会」における、それぞれの到達目標に合わせた「教育セミナーの受講」「医薬品情報に関する教育または研究の学会発表リスト及び論文リストの提出」等の研修内容と認定条件が必須とされます。
他の認定薬剤師制度と同様で、取得する為の時間や労力も必要とされる資格と言えます。

この資格を有する薬剤師においては、医薬品の有効性と安全性を高める為の「適正使用情報」に関する専門性を持ち合わせているので、それらを活用する事で「創出・調査・評価・提供・安全対策・教育」の実践が可能とされます。
その為薬剤師としての活動範囲も広がり、現在幅広く活躍をしています。

今までの薬剤師は「地域医療」や「在宅医療」等の組織的活動を主な仕事とされてきましたが、今後は「医薬品情報」の要として、様々な範囲において「重要」かつ「必要」とされる事が予想されています。
更に、近年のIT技術の導入に伴い「医薬品情報専門薬剤師」の持つ専門的な知識は、医療現場での安全確保の為にも、必要性・需要ともに高く、多くの医療情報を提供する事で、医療における情報活用が見込まれます。
医療分野における薬剤師としての役割を、より高度に専門化する事で、多方面にわたって適応できる技能が求められているのです。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜