HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 資格 > 英語

英語

資格

日本でも、グローバル化が進む中、どの企業や職場においても、英語力は必要とされています。
薬剤師の世界でもそれは求められており、需要も多くなっています。

現時点で、特に英語力を必要とされているのが「CRO企業」の求人です。
外資系のCROの場合、英語力は必須とされていますので、英語が出来る事で、就職先の幅が広がります。
現在日本で開発された薬であるにも関わらず、日本国内で安全性等を確認している間に、時間が掛かりすぎて、海外で先に販売されてしまう例が多くあります。
日本国内の患者様に薬が届かない、このような現象を「ドラッグ・ラグ」と言って、大きな問題となっています。

解決策として挙げられている手段に「世界で一斉に臨床試験を行う」と言う効率的な臨床試験を行う方法が主流となっています。
それに伴い、特に「外資系CRO」においては、海外企業とコミュニケーションを取りながら、協力して臨床試験を進めることが出来る「英語力のある薬剤師」が求められています。

CRO以外でも、薬剤師の英語を必要とされる機会は、数年前に比べると格段に増えてきました。
調剤薬局においても、英語のメール等を読む事が必要とされる事もありますし、外資系企業の多いオフィス街や、米軍基地の側等に立地している場合、患者様の中には「英語で説明された方が判りやすい」と言う方もいらっしゃいます。
副作用や、間違った使用方法を避けるためにも、患者様の目線で、判りやすく説明する事が、薬剤師として必要なスキルです。
その為にも「どんな患者様にも対応できる」薬剤師として、英語力は必要とされているのです。

薬剤師求人の中には、中途求人・新卒求人関係なく、正社員の入社試験に「トイック試験の受験」等「英語力」を条件として、一定の基準を求める会社も多くなっています。

薬剤師にとって「英語のスキル」を磨くことは、今や当たり前になりつつあります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜