HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 資格 > DLM認定薬剤師

DLM認定薬剤師

資格

「DLM認定薬剤師」とは、「生涯研修制度」の一部とされています。薬剤師としての職能を高める事を目的に、特定の「分野・領域」について適切で計画された学習を修め、その「知識・技能」を高める事を目的とした「認定資格制度」です。

「医薬品」や「健康食品」等の適正使用の実践及び「市販後に関するデータの収集」により「育薬」に寄与する事が求められています。

「DLM認定薬剤師」の資格を取得する為には「医薬品適正使用コース」を定期的に受講する必要があります。
あらかじめ規定の単位(2年以内に50単位以上・うち30単位以上は育薬セミナーで取得)を取得することで「DLM認定薬剤師」の資格を取得する事が可能となります。

原則として、ある程度の受講者を事前に選抜した後、まとまった回数・期間において、一定のプログラムに従った研修を行い、事後評価の為の「試問」または「試験」を行なう事で認定証が与えられます。
学習課題の内容は、あくまでも専門性向上のための学習課程の修了を証明するものである為「専門薬剤師制度」と類似する場合もあります。
これは「専門薬剤師」は「能力の保証」を目的としているのに対し「職能向上のための研修」を目的としているからです。

資格の更新は1年毎とされ、1年に30単位以上(30単位・うち20単位以上は育薬セミナーで取得した単位に限る)を取得することが更新の際の条件とされ、この規定を満たしていれば「DLM認定薬剤師」の認定証が発行されます。

「DLM認定薬剤師」は「患者様の症状に合わせた薬の処方」や「どんな薬が適しているのか」と言った、患者様それぞれに合わせたアドバイスができる為、医療機関や調剤薬局・ドラッグストア等で広く求められている資格でもあります。
また、薬剤師としての活動範囲を広げる事で、更にやりがいを感じられるようになる資格とも言えます。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜