HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 資格 > 臨床検査技師

臨床検査技師

資格

病院等の医療機関において様々な検査を行う技術者を「臨床検査技師」と言います。
元々は医師が検査を行っていたものですが「医療の分業化・検査の高度化」などの理由で、現在は「臨床検査技師」の業務となっています。

具体的な業務内容として「微生物学的検査・血清学的検査・血液学的検査・病理学的検査・医動物学的検査・生化学的検査・生理学的検査(厚生労働省令で定めるもの)」を行う事が出来ます。

「臨床検査技師」の資格取得には、高校卒業後に、臨床検査技師として必要な基礎科目・専門科目を学べる学校(臨床検査技師養成課程)である、4年制大学・短大及び専門学校で、3年以上の学習により全過程を終了・卒業する事が必須条件です。
卒業後「臨床検査技師国家試験」(臨床検査技師等に関する法律により規定)に合格する事で「臨床検査技師(二級臨床検査士)」の国家資格が取得できます。

この国家試験は、年1回(2月)実施で、3月末に合格発表が行われます。
マークシート式の試験で、内容は「血液学、・微生物学・臨床化学」等の8部門から出題され、筆記と実技試験で構成されています。
午前100問(2時間30分)、午後100問(2時間30分)で、合格率としては70%(200点満点中120点以上)と、どの科目もきちんと学校で勉強をしていれば、充分合格できる範囲内です。

合格後、「厚生労働省」に「臨床検査技師免許」を申請した後「臨床検査技師」として登録して、初めて「臨床検査技師」としての業務に従事する事が出来ます。
就職後3年の実務経験を終えた時点で、更にステップアップを望むのであれば「最も厳しく 権威がある」とされている「臨床検査技師一級試験」を受験する事も可能です。
また「細胞検査士・超音波検査士」等その他の認定技師も、これからの「臨床検査技師」にとっては大いに役立つ資格なので、出来れば取得する事をお勧め致します。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜