HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 資格 > サプリメントアドバイザーになるには?

サプリメントアドバイザーになるには?

資格

近年「健康食品」の利用者数は増加の傾向にあり、食品の持つ「機能・必要性・使用目的・使用方法」等についての正しい理解や情報を提供する、身近な存在として、「サプリメントアドバイザー」が注目されています。
この「サプリメントアドバイザー」とは「サプリメント」や「健康食品」に関するアドバイスを行う為の「民間資格」の事です。

「薬」も「サプリメント」も「経口摂取」と言う意味で、薬剤師による「サプリメント」に関する「アドバイス」は重要視されています。
特に、現在治療中の疾病を抱えている患者様の場合、「サプリメント」を摂取する際に、のみ合わせもありますので。「サプリメントアドバイザー」が必要とされているのです。

また、一般消費者の中には、「医療用」の「ビタミン剤」と、「サプリメント」を混同されている方もいらっしゃいますので、正しい知識を理解して頂く為にも、必要な存在とされています。

2002年より「厚生労働省」では、正しい知識を身に付ける為に、「保健機能食品等に係るアドバイザリースタッフの養成」に関してのガイドラインを発表しています。

現在、「資格取得」の可能な機関は2つあり、どちらを取得しても問題はありません。

「日本サプリメントアドバイザー認定機構(日本臨床栄養協会)」の「認定資格」の取得には「日本臨床栄養協会」への入会が条件とされています。
「通信講座・学術大会・公認テキスト」による教育を受けた後に、年に一度実施される「認定試験」に合格後、「日本臨床栄養協会サプリメントアドバイザー」として認定されます。
更新は5年毎とされています。

一方「日本ニュートリション協会」の認定資格は、「JNFサプリメントアドバイザー認定講座修了者(全課題合格者)」に対して、米国の「INSF」及び日本の「JNF」が認定・登録を行うものです。
こちらは「完全通信講座制」で、受講期間や受講資格に制限が無いのが特徴です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜