HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > エリアマネージャー

エリアマネージャー

転職・就職(事前準備)

「エリアマネージャー」とは、どの職業でも共通する事ですが「いくつかの店舗や支店を受け持つ責任のある役職」と言う事です。
薬剤師の場合は、ある程度の店舗数を持つ「中小薬局」や「ドラッグストア」、支店を持つ「製薬会社」において就ける役職と言う事になります。
これらは昇進の順番から言えば「管理薬剤師」「薬局長」又は「支店長」よりも上の役職となりますので、言わば「中間管理職」といった立場とも言えます。

「調剤薬局」や「ドラッグストア」においては、エリア内の各店舗を巡回する事で「薬剤師や従業員の人材育成」「売り上げの向上」「仕事の効率化」を目的とする業務となりますので、やりがいある仕事とも言えます。
どこの「エリアマネージャー」にも共通して求められる事は「店舗(支店)で行われている仕事そのものの理解」と「業務内容の把握」です。
その為、ある程度の経験と知識が必要とされる重要な仕事でもあります。

「エリアマネージャー」としての最大のメリットは、給与が早くに頭打ちされる「薬剤師」よりも「エリアマネージャー手当が付く」と言う面で、薬局や企業により、多少は異なりますが「年収のアップ」が期待できます。
また、狭い調剤薬局内と違って、さまざまな店舗を回る事が出来るので、仕事にメリハリが出てきます。
MRの場合には、支店に常駐する事で「マネジメント」に徹する事が増えてきますので、内勤に近い仕事が増える事となります。
その為、家族のいる女性薬剤師にとっては、仕事の「やりがい」もあり、また家庭との両立をしやすい仕事として、目指す方も多くいらっしゃいます。

「利益を最大化する」事を目的とした、経営における「効率的・効果的な活用方法」を発展させる事に重点を置いた、非常にやりがいのある仕事と言えます。
薬剤師としてのキャリアアップを目指したいのであれば、是非目標にして頂きたと思う役職の一つです。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜