HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > コミュニケーション能力があると年収が上がりやすい

コミュニケーション能力があると年収が上がりやすい

転職・就職(事前準備)

「年収アップ」と「コミュニケーション能力」が関係している事はあまり知られていませんが、実は「コミュニメーションスキル」のある薬剤師さんの場合年収交渉がしやすいと言う事が挙げられます。
例えば、「年収600万円」の求人であっても、交渉次第では「年収 620万円」(規定より20万円プラス)くらいまでは上げられます。

最近では、薬局も「接客業」と捉えられていますので、どの薬局の求人も共通して「コミュニケーション能力」を求められています。

「会話がうまくできる人が欲しい」と思う採用者側はとても多く、その反面そういった薬剤師を見つける事が以外にも難しいのがこの「薬剤師業界」なのです。
その為「話し上手な薬剤師」はとても希少価値が高いとされ、こう言った薬剤師さんにとっては幅広い求人情報から転職先を探す事が可能となります。

一口に「コミュニケーション能力が高い」と言われても、「どの程度のレベルが必要か」判りづらいと思われますが実は「普通に話せる程度」で充分なのです。
とても不思議に思われがちですが、一般的に、薬剤師さんのコミュニケーション能力は、「普通の人よりも低い」と思われがちです。
これは、薬剤師業界内の古い体質とでもいえば良いのでしょうか。
言葉遣いが悪い薬剤師に対して薬局内で注意や指摘をする事が殆ど無く、会話をする必要も無かった為「一般的なマナー」が身についていなかったと言っても過言ではありません。

「コミュニケーションスキル」をあげる為には、まずは「患者様の目線で会話を交わし患者様の満足度を上げられるようにする」と言う事です。
相手の患者様の笑顔が見られるようになれば、充分OKのレベルと言えるでしょう。
また、患者様の様子から「急いでいるのか、話をしたいのか」と言う、気持ちを汲み取れるようになる事も必要です。
その他にも、話しやすい雰囲気つくりの為にも「笑顔の練習をする」等も良い方法です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜