HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師に求められる能力 > プレゼンテーション

プレゼンテーション

薬剤師に求められる能力

「プレゼンテーション」とは、一般的には「戦略会議」と言われ、新しい提案をする事で、新たな展開を切り開いていく重要なコミュニケーションの一つです。

この技術は、薬剤師ばかりでは無く、他の業種でも必要とされるスキルの一つです。
特に医療業界においては、今後「薬剤師から見た医療」を、薬剤師ならではの技術・専門性・知識を基に提案していく事が必要とされてきます。

薬剤師の場合、他の医療従事者と仕事をする上で、「薬のプロ」として携わらなくてはいけません。
時には「テクニカルスキル」に関する「プレゼンテーション」だけでは無く、薬剤師同士・医療従事者同士の「現場での意欲を引き出す為の刺激」となる「インセンティブプレゼンテーション」も必要となります。

「プレゼンテーション」を成功させる為には「説得力」「目的」「理論的思考」が重要なピントとなります。

説得力を生み出す為の重要な課題は「自発的なトークをする」と言う事です。
自分の意思で構築された言葉は、説得力が生まれ、相手を共感させる事が出来ます。
説得力の無い言葉は、相手の共感を得られない事に繋がり、下手をするとプレゼンの途中で興味を失い、全く相手にされない場合も出てきます。

説得する為にもう一つ重要な事は「目的をはっきりとさせる」と言う事です。
最初に「プレゼンの目的」をはっきりさせておくことで、問題提示に対しての明確な理由が伝わり、スムーズな「プレゼン」を行う事が出来ます。

「理論的思考」は、目的にたどり着くための「プロセス」を解説する際に重要となります。「自分よがりの意見」だけを発言しても何の説得力も無い上に、理論的な回答を求められた際に応えられないと言う事態を生み、プレゼンの流れを止めてしまう可能性もあります。
その目的にたどり着くまでの、データや情報を収集・準備する事で、理論的にプロセスの課程を説明でき、相手を説得する事が出来ると言う訳です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜