HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師に求められる能力 > これからの日本で薬剤師に求められる能力とは?

これからの日本で薬剤師に求められる能力とは?

薬剤師に求められる能力
これからの薬剤師

これからの日本で薬剤師に求められる能力は、薬についての高い専門知識・業務を達成する技能はもちろんのこと、コミュニケーション能力も必要です。

>>(薬剤師としての心構え)
薬の専門家として、豊かな人間性と生命の尊厳について深い認識をもち、薬剤師の義務及び法令を遵守するとともに、人の命と健康な生活を守る使命感、責任感及び倫理観を有する。(中略)患者・生活者、他職種から情報を適切に収集し、これらの人々に有益な情報を提供するためのコミュニケーション能力を有する。

引用元:文部科学省HP 薬剤師として求められる基本的な資質(案)

もちろん薬学についての深い知識は、薬剤師という職業の大前提として必要です。しかし、患者さんと直接接する必要があるドラッグストアや薬局では、薬を求める方とのコミュニケーション能力も非常に重要になります。

セルフメディケーションや在宅医療の時代に

セルフメディケーションのイメージ

最近のドラッグストアや調剤薬局の新しい経営システムとして、患者さんの自宅に薬を届けるという在宅医療や、地域医療への活動が増えています。つまり薬剤師自身が調剤室や薬局店舗から外へ出て、患者の自宅まで薬を届けに行き、説明を行なうという、大変積極的な姿勢が求められます。

また、平成21年6月の薬事法改訂、OTC医薬品の販売制度の見直しにより、患者さん自身で薬を選択して利用するセルフメディケーションの考えも一般化してきました。

セルフメディケーションにおける薬剤師の役割は、医薬品の正しい利用を普及する安全性の意味からとても大きいものです。薬剤師の能力が必要になる場面は調剤のみではなく、対面で患者さんの相談に乗り、健康状態に沿った適切な情報提供を行うことだと考えられています。

このようなことから、今後薬剤師に大切なのは医薬品についての専門知識や技能だけでなく、患者さんの気持ちになって受け答えができる柔軟なコミュニケーション能力なのだということがわかります。

病院薬剤師はチーム医療貢献の必要性もある

チーム医療のイメージ

今後、さらに高齢化が進む中、医師や看護士と連携し患者の体に見合った薬を提供する薬剤師としての医療チームでの活躍が増えると予想されます。

今までの薬剤師の仕事といえば、医者から指示された薬を調剤室で調合し患者に薬を提供するという、補佐的なイメージがありました。しかし、チーム医療の発展により、医者や看護師と意見を酌み交わすことができる活動的な積極性が求められるようになってきます。

これからの医療、地域でのチーム医療に向け、患者さんに寄り添い患者さんに選んでもらえるような人間性の豊かさ。そして医師や看護師とも円滑にコミュニケーションが取れるバランス感覚に優れた薬剤師が評価されることでしょう。

薬剤師のコミュニケーション能力向上のメリット

  • ・患者さんの体の健康状態をより正確に聞き出すことができる
  • ・患者さんの健康状態に合った適切な薬を調合、提供することができる
  • ・患者さん自身の健康意識に働きかけることができる
  • ・チーム医療において医師や看護師との業務が円滑に進む
  • ・セルフメディケーション社会の中で評価される薬剤師になれる

これからの薬剤師に求められる能力

  • ・患者さん、職場仲間とのコミュニケーション能力
  • ・患者さんの気持ちに沿った気遣い、思いやり
  • ・健康状態についてのカウンセリング力
  • ・豊富な専門知識
  • ・薬学への向上心
  • ・最新、正確な情報を取り入れる情報キャッチ能力
  • ・的確な状況判断力 など

地域と患者さんのかかりつけ薬剤師に

かかりつけ薬剤師

薬学に関する知識だけでは、患者さんの治療をすることはできません。なぜなら、いくら病状について薬の効果と必要性を説明したところで、患者さんが用法容量を守って飲んでくれなければ全く意味がないからです。

「この薬剤師さんがそう言うならちゃんと薬を飲もう」という、患者さん自身をきちんと治療をする気持ちにさせることはこれからの薬剤師には大変重要な能力なのです。

これからのキャリアの相談もできる薬剤師専門転職コンサルタント(無料)

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜