HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師に求められる能力 > リーダーシップ

リーダーシップ

薬剤師に求められる能力

薬剤師業界において「リーダーシップは必要ない」と思っている学生や、「リーダー」という言葉に縁遠さを感じる人もいます。
しかし実際には誰にでも、様々な場面で「リーダー」となる可能性があります。
また「リーダーシップ」は、他の職種や、地域・社会の中でも、時として必要とされる場合があります。
「リーダー」と言われても漠然としていて、「組織の中のリーダーの必要性」「リーダーの役割と能力」「求められるリーダー像」について的確に応えられる人は少ないと思います。

多くの場合、計画的に、又は自分の適性を自覚して進んでリーダーとなる事は少なく、何らかの事情によって、リーダーとなる場合が殆どです。
ですから、薬剤師に関して言えば、専門知識やスキルを優先させた結果、リーダーとしての心得を知らないまま、「リーダーシップ」の壁に直面する事が多いようです。

「リーダー」の基本は「組織・チームの方針決定」「目的を明確にする」「組織・チームのまとめ役を担う」事です。
その為に必要な事は、自分をリーダーとして支持してくれる人がいるかどうかで、大きく変わってくるのです。

「リーダーシップ」のスタイルは様々で、大きく分けると、組織を率先して導く「指示命令型リーダーシップ」と、組織の人間に対する人間関係を大切にしながらまとめて行く「奉仕・支援型」の「サーバントリーダーシップ」の2通りが挙げられます。
どちらにしても、薬剤師の専門性の高さでは無く、自分に付いてくる人間がいるかどうかが大切な問題であり、それを確立する為に必要なリーダー論を自分なりに構築する事が必要です。

達成可能な方法を考える「方針管理力」、スタッフを動かす「人材活用力」、問題解決の為の「リスクマネジメント」、目的達成のための「問題解決能力」と「提案力」は、「リーダーシップ」における重要な要素です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜