HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬剤師に求められる能力 > ビジネスマナー

ビジネスマナー

薬剤師に求められる能力

薬剤師として、大切な「ビジネスマナー」とは「患者様の立場に立って、親しみやすく、信頼を持てるようにする」事です。

まず、薬剤師とは言え、特に「調剤薬局」で働く薬剤師は、患者様(お客様)と直接接する業務ですので、「接客」でもあると言う事を忘れてはいけません。
確かに、薬を間違いなく処方する事は大切な事ですが、まずは患者様に好感を持たれることが必要です。
たまに患者様が薬局に入って行っても、なんの挨拶も無い薬剤師がいますが、それは「薬剤師」としてだけではなく「社会人」として「接客業」に従事する者としては、いかがなものかと思われます。
やはり気持ちよく挨拶をしてもらった方が患者様も気分よく、薬が処方される間待つことが出来ます。
まずは「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」簡単な言葉で良いと思います。
その後慣れてきたら、毎回来る患者様には「今日はどうなさいましたか」「先日のお薬はお身体に合いましたか」等、患者様一人ひとりに合った言葉を一言添える事で、患者様自身の心がほぐれる事もあるのです。
患者様に、信頼と安心感を抱いて頂くためにも、薬剤師としてのビジネスマナーを身に着ける努力は必要なのです。

また、他の職種にも言える事ですが、「敬語」を使える方が少なくなったように思います。
全く初めての他人に、友達言葉や乱暴な言葉遣いをされたら、人は誰でも不快感を抱きます。
次からこの調剤薬局を利用されなくなってしまうかもしれません。
もし、敬語が上手く話せなかったとしても、少しずつ覚えて行けば良いのですから、それまでは出来るだけ「丁寧な言葉」を心掛ける事で、印象はずっと変わるものです。

身だしなみも、「節度ある清潔な服装」を心掛ける事で、人と人との信頼関係が生まれます。

全てにおいて「誰かに評価されている」と言う事をわきまえた行動を取る事が「ビジネスマナー」の基本です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜