HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > これから薬剤師を目指す方へ > 大学の選び方

大学の選び方

これから薬剤師を目指す方へ

薬剤師になる為には「薬剤師国家資格」を受験しなくてはなりません。 現在、2006年度以降「6年制薬学部」を卒業しなければ受験資格を得る事は出来ません。 しかし、実際には現在も「4年制薬学部」も存在していますが、こちらは「薬科学」という学問を勉強する場である為「薬剤師国家資格」を受験する事は出来ません。 万一4年制の薬学科を卒業後に、薬剤師を希望する場合は、大学院の修士課程・博士課程を出た上で、更に薬学6年制の5・6年次で取得するべき単位の修得が必要とされます。 習得後「厚生労働大臣」の「個別認可」を受ける事で「国家資格」の受験は可能となります。 そう考えると「薬剤師を目指す近道」と言う意味では「6年制薬学部・薬科大学」を卒業する事をお勧めします。

では、大学の選び方ですが、大学の名前や偏差値だけを目安に選ぶよりも、最終的に「薬剤師国家資格」に合格できるかどうかを考慮する事が必要です。 難易度の高い薬学部の授業は進行が早いので、一点でも判らない事が出て来た時点でその場で解消しておかなければ、最終的には授業について行けなくなる恐れがあります。 その為にも「国家試験対策」が充実している大学を調べておくことが重要であり、また、設備やサポート体制がしっかりしている必要があるのです。

6年制薬学部を卒業するまでに必要な学費を平均すると、私立大学で約1200万円とされています。 国立であれば随分学費も低くなり、年間60万円程度なので、単純計算しても360万円となります。 ただし、学費が高い分私立大学は、環境・設備の面で充実しているので「薬剤師資格合格率」で比較してみると、私立大学の方が高いと言えます。

地方自治体や民間機関の奨学金制度や、各学校の奨学金制度を利用する事で「安心して勉強が出来る環境」を作る事が可能です。 その為にもよく確認し、少しでも負担を少なくする事も念頭に入れた大学選びが必要です。

薬剤師になるのは大変だけど、
その分やりがいのある仕事ですメェ~。
みなさんのがんばりに期待してるメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜