HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > これから薬剤師を目指す方へ > 薬剤師と退職金

薬剤師と退職金

これから薬剤師を目指す方へ

薬剤師勤務する上で、非常に重要な勤務条件の一つに「退職金」があります。
現在、薬剤師が勤務出来る職場は多種多様化している為「退職金」に関しては、勤務先によって大きく異なってきます。

一般的に退職金が支払われるケースは、正社員の場合が殆どで、更に「退職金」は、必ずしも支給しなければならないと言う決まりが無く、その為、退職金の有無は、会社によって「自由」と言う事にもなりますので、現在勤務している勤務先の制度を今一度確認してみるか、転職する際にも、転職先の「福利厚生」や「退職金制度」を良く確認しておく必要があります。

現在、最も多くの薬剤師が働く「調剤薬局・ドラックストア」の場合、運営母体の規模によって、大きな差が出てきます。
その為大手であればある程退職金に関して好条件になる傾向が有ると言う事を覚えておくと良いでしょう。
企業によって異なりますが、相場としては、「5年勤務で約50万円」「30年勤続で約500万円」とされています。
仮に小規模な調剤薬局等に勤務している場合でも、毎月一万円程度の「中小企業退職金共済制度」で積立を行っている場合が多いのでその場合、「30年勤続で約580万円程度」の退職金が出るのが一般的と言われています。

「病院薬剤師」の場合、勤務する病院が「公立」か「民間」かで、退職金の相場に差が出てきます。
公務員扱いとされる「公立・国立病院」の薬剤師の場合ですと、勤続35年で一千万円以上の退職金が支払われるようです。
しかし「民間の総合病院」等での勤務する薬剤師の場合ですと、病院の規模によって退職金に大きな差が出る傾向がり、場合によっては「退職金制度」自体を設けていない病院もあるので、転職の際には良く確認しておく事をお勧めします。
「退職金制度」のある場合の「民間の総合病院」での退職金の相場は、「勤続35年で700万円~800万円程度」とされ、これも病院の規模によってかなり変わって来ます。

薬剤師になるのは大変だけど、
その分やりがいのある仕事ですメェ~。
みなさんのがんばりに期待してるメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜