HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > これから薬剤師を目指す方へ > 薬学教育制度

薬学教育制度

これから薬剤師を目指す方へ

医学の発展と進歩に伴い、薬剤師にもそれに伴う高い知識と資質向上が必要されるようになり、薬剤師教育が4年間から6年間に改正されました。

薬科大学は6年間の薬剤教育に限られますが、総合大学の4年間薬学部の場合、さらに2年間、薬学教育を受ける必要があります。
学科だけでなく、現場での実務実習も課せられています。
薬学教育だけでなく、臨機応変に対応することができる豊かな人間性や倫理観、医療に携わる人としての教養と問題解決力など、現場での実践力を養うのに実務教育も行なわれています。

これらの薬学教育を修了するには、4年間の教育課程だけでは少なすぎ、より適切な現場での実践力が要求され、見学のみから参加型の実務教育が2年間プラスされました。
2年間薬学教育がプラスされたことで、薬剤師は薬を求める患者さんや一般の健常者の方に、より安心・安全な薬を提供することができるようになります。
病院や薬局での実務実習生は、患者の同意書を得てから医療行為の正当性が認められ、現薬剤師の元、調剤薬局や病院での薬剤室において、薬の調合や病人の病室を訪問し、薬の手渡し・説明などを行ないます。

実務実習生受け入れ条件を満たし、実習生の指導を行なう病院や薬局は、できるだけ多くの体験指導を行なわなければいけません。
そのため大学関係者とともに、実習生個々の知識に応じた学習カリキュラム・スケジュールを組みます。
また、その日一日のスケジュールを終えた日は実習生と話し合い、その日の到達目標をクリアできたのかを確認します。
このように現場での実習は薬剤師として広範な知識と資質の向上に役立ちますが、高コストの教育費負担増、国家試験受験者数の激減など、薬学教育6年間の問題点が浮上しています。

薬剤師になるのは大変だけど、
その分やりがいのある仕事ですメェ~。
みなさんのがんばりに期待してるメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜