HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > これから薬剤師を目指す方へ > 薬剤師になってよかった話 > 安定した収入がある

安定した収入がある

薬剤師になってよかった話

薬剤師と言う資格を活かして働く場合には、様々な職種から選ぶ事が可能です。
主な就職先には、調剤薬局や病院勤務の他にも、行政機関や、ドラッグストアなど幅広い職種の中から選ぶ事が可能です。

せっかく頑張って取得した「薬剤師国家資格」ですので、それを活かして、出来れば収入の安定した職種に就く事を考えるのは、当たり前のことだと思います。
元々、「薬剤師」と言う職業自体は、他の職業と比べると、比較的安定していると言ってよいでしょう。
ただ、勤務先にや職種によって、初任給や年収は様々なので、その中でも特に安定した職種をいくつかピックアップしてみました。

定年まで同じ職種で勤務する事を望んでいるのであれば、やはり「公務員薬剤師」と言う選択肢が出てきます。
「公務員薬剤師」とは、公立・国立病院をはじめ、保健所や、麻薬取締官等、様々な職種があります。
「公務員薬剤師」は、扱いは一般の「公務員」と全く同じ扱いになりますので、収入は一番安定していると言っても良いでしょう。
「公務員薬剤師」の中でも、人気の職種はやはり、公立・国立病院です。
勤続年数を重ねて行けば年功序列で年収も上がって行く事と、福利厚生がしっかりしているので、女性の場合、きちんと「出産・育児休暇」を取得する事も可能なので、続けやすさもあります。
ただ、民間の病院ですと、年収的にはやや低めとなりますが、「病院薬剤師」自体が全体的に年収は低めと考えておいた方が良いでしょう。

次いで、収入が安定しているのは、大手と呼ばれるチェンーン展開をしている調剤薬局や、ドラッグストア等があります。
小規模な薬局の場合、近くにある病院の大きさもかなり影響されますが、大きな総合病院等の門前薬局であれば安定した処方箋枚数も確保できると思われます。
しかし、更に安定した収入や福利厚生の面を考慮していくと、やはり、大手の調剤薬局やドラッグストア等を選ぶ方が無難かもしれません。

薬剤師になるのは大変だけど、
その分やりがいのある仕事ですメェ~。
みなさんのがんばりに期待してるメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜