HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > これから薬剤師を目指す方へ > 薬剤師になってよかった話 > こんな患者さんに救われた

こんな患者さんに救われた

薬剤師になってよかった話

薬剤師として、仕事を始めたばかりの新人薬剤師にとっては、毎日が勉強の連続でもあり、また、ミスをして先輩薬剤師から、注意を受ける事もあるかもしれません。
更には、患者様との間でトラブルが生じる事も少なくなりません。

しかし、そんな薬剤師と言う業務の中でも、「こんな患者さんに救われた」と言う話もよく耳にします。

あるアンケート調査では、半数以上の薬剤師が「薬剤師になって良かった」と回答しています。
その理由の中には、患者様からの「暖かい言葉によって救われた」と言う薬剤師も多くいらっしゃいます。

中でも
「医師には遠慮して聞けなかったことを、あなたなら気楽に聞くことができ、納得のいく
説明をしてもらった」
と言われた時に、救われ、また大きな喜びへと繋がったと言う回答が多く見受けられたようです。

薬剤師は医師とは違い、直接患者様を診察する事は出来ません。
医師から出された処方箋を基に薬を調剤して、服薬指導をする事が、最も重要な業務になる訳ですが、その中には、「医師には相談できない事」を「薬剤師だからこそ相談を受ける事が出きる」と言う利点もあるのです。

ある意味、薬剤師と言う立場は、患者様にとっては、医師や看護師よりも、ずっと近い立場になれると言う事なのです。

他にも、「患者さんから信頼され、ありがとうと薬局以外でも声をかけられる」「患者さんが元気なって感謝されたこと」等が挙げられています。

この様に「医師とは違う位置づけで患者さんとふれあうことができる」と言う部分で、薬剤師の存在意義は充分確立されてきているのです。

立場は違うものの、医師や看護師同様、薬剤師は「医療従事者」として、患者様に深くかかわっている事を忘れてはいけません。

薬剤師になるのは大変だけど、
その分やりがいのある仕事ですメェ~。
みなさんのがんばりに期待してるメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜