HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > これから薬剤師を目指す方へ > 薬剤師になってよかった話 > 地域問わず働くことが出来る

地域問わず働くことが出来る

薬剤師になってよかった話

薬剤師という職業は地域を問わず働く事が出来ます。
都市部ではもちろん、病院があれば必ず近くに調剤薬局が開業しています。
また、勤務している調剤薬局やドラッグストアが、大手チェーン店であれば、家族の転勤等で引っ越さなければならない場合でも、引っ越し先に系列の調剤薬局やドラッグストアがあれば自分自身も「転勤」と言う形で同じ系列店で再び勤務する事が可能です。

また、地方では現在薬剤師が不足している事もあり、実家のある地方へUターンして薬剤師の転職活動をする方が増えています。
高齢化が問題となっている地方では、自分自身の両親も高齢化で介護が必要とされている場合もありますし、高齢者向けの医療施設が少なく在宅で治療をしている患者様も大勢いらっしゃいます。

在宅医療では医師をはじめ看護師や介護士等の医療従事者の協力が必要とされます。
その中でも「薬剤師」という仕事は、在宅で治療されている患者様には無くてはならない存在となっています。

在宅医療を受けている患者様を訪問して、残薬の確認や処方された薬の効果や副作用の有無の確認、そして大切な服薬指導などを行います。服薬指導によって副作用がある場合や効果が感じられない患者様に対しては、医師に相談して処方するお薬を変える事もあります。

また、在宅医療の中には点滴や注射が必要な患者様もいるので、注射液の製剤業務が調剤薬局の薬剤師であっても必要となってきます。

病気は全国どこへ行ってもゼロになる事はありません。
人が生きる限り医療従事者は必要とされ、中でも薬剤師という職業はまだまだ不足しているのが現状ですので「売り手市場」というべき職業です。
転職を考えている方、家族の転勤で転勤先でも薬剤師として働きたい方には、最もありがたい資格かも知れません。

薬剤師になるのは大変だけど、
その分やりがいのある仕事ですメェ~。
みなさんのがんばりに期待してるメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜