HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > これから薬剤師を目指す方へ > 薬剤師になってよかった話 > 職種の選択肢が広い

職種の選択肢が広い

薬剤師になってよかった話

国家資格である「薬剤師資格」を取得している場合、職種の選択肢がかなり広くなります。

最も多いのが調剤薬局の薬剤師で、主な業務内容は調剤業務や患者様の服薬指導で、年収は約400~650万円が相場とされています。
現在は、在宅医療にも業務内容を広げている薬局も増えてきていますので、最も薬剤師としての職能を活かせる職場と言えるでしょう。

次いで多いのが病院薬剤師です。
ただ、病院の中でも志望者の多い急性期病院の中途採用は非常に少なく、基本的には新卒薬剤師の採用率の方が高いのが現状です。
年収は約400~700万円とはなっていますが、当直や夜勤が多いため最も業務内容がきついのが病院とも言われています。

ドラッグストアへの就職は、本来の薬剤師業務とかけ離れた業務もこなさなければならず、OTC医薬品の販売以外にも、店内の品出し、商品整理、レジ打ち、接客なども業務内容として入ってきます。
上手くいけば、店長やエリアマネージャーへの道も開けますので、年収は約400~700万円と言われています。

製薬会社の場合「研究・開発」「品質管理」「MR」等、様々な仕事があります。
最も薬剤師数が多いのは薬剤師の資格を持たなくても出来るMRの仕事ですが、薬剤師資格を持っているからこそ説得力のある営業が可能であり、頑張ればエリアマネージャーへの昇格もあります。
年収は約400~800万円とされていますが、エリアマネージャークラスになると1000万円程度と言われています。

この他には、「公務員薬剤師」と呼ばれる職種に就く人もいます。
「公務員薬剤師」には、国立や県立等の公立病院の薬剤師も含まれます。
また保健所や学校薬剤師などもあり、多くの薬剤師が「公務員薬剤師」として勤務しています。
ただ、年収は通常の公務員と同じであまり高くはありませんが、福利厚生や待遇が良いのでかなり人気のある職種の一つです。

薬剤師になるのは大変だけど、
その分やりがいのある仕事ですメェ~。
みなさんのがんばりに期待してるメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜