HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > これから薬剤師を目指す方へ > 薬剤師になってよかった話 > 家庭と両立できる

家庭と両立できる

薬剤師になってよかった話

一口に「薬剤師」と言っても、様々な職種があります。
特に、共働きを希望して、今後結婚・出産・育児を考えているならば、「ワークライフバランス」は、とても重要なポイントです。

「ワークライフバランス」とは、「仕事と家庭のバランスをうまく保つ」と言う事で、「仕事と家事・育児を両立させながら生活する」と言う事になります。

いざ結婚し、出産や育児を経験した女性薬剤師さんの中にも、この「仕事と家庭の両立」では、随分悩んだ方も多くいらっしゃいます。
特に、正社員のまま、フルタイムで勤務すると言う事は、かなり難しい選択肢で、夫や家族の協力は勿論、職場の理解も非常に必要とされてきます。

勤務先の中には、出産や育児の為の休暇を取りづらい環境や、子供が具合が悪い場合に休むのが難しい事も多くあります。

そういった場合は、無理せず、自分のライフワークに合わせた職場を上手に探して、転職する事も一つの方法です。

例えば、一番多い悩みでは、最初の条件では「出産・育児休暇有り」とされてはいたものの、前例がない職場の場合、どうしても「出産・育児休暇」を取得しづらい環境が多い場合があります。
こうした場合、結婚が決まった段階で、今後のライフプランに合わせた職場への転職を考慮しておくことも必要です。

今現在、実際に育児と両立をしている薬剤師がいる職場の場合、既に前例があるので、育児休暇後の復帰もしやすいはずです。
特に、経験者の多い職場として、ママさん薬剤師の勤務する「調剤薬局」等であれば、職場の理解が得やすいのでお勧めできます。

子供の小さいうちはフルタイムでは働けないと言う場合でも、大の手企業やチェーン展開している調剤薬局の場合、「時短勤務」が用意されている職場もありますので、転職や、再就職を考えているのであれば、「転職支援会社」等に、自分の希望条件をしっかりお話して、自分のライフワークに合った職場を検討する事も重要です。

薬剤師になるのは大変だけど、
その分やりがいのある仕事ですメェ~。
みなさんのがんばりに期待してるメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜