HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > これから薬剤師を目指す方へ > 薬剤師になってよかった話 > 自慢できる

自慢できる

薬剤師になってよかった話

難関と言われる「薬剤師国家資格」を取得したという事だけでも、充分自慢できる事と思います。
更に、その薬剤師資格を活かして病院や調剤薬局、ドラッグストア、行政機関で勤務しているのであれば、ある程度の年収を確保し安定した仕事が出きているという事でもあります。

また、医薬品の知識を広く持つ事で、日常生活の中でも症状の判断によっては病院へ行かずに応急処置だけで済めば安心できます。「薬剤師」が近くにいるというだけで一般の方々にとっては本当に安心できる存在なのです。

薬剤師の年収は新卒の薬剤師であっても年収400万円は超えてきます。
そのおかげで、同窓会などに出席しても「薬剤師をしています」と言うだけで、羨ましがられる事も度々あるのではないでしょうか。

ただ、これはあくまでも一般論であって、実際に身近な人や友人などが「薬剤師」と言うだけで、これと言った自慢をしたわけでも無いのにやっかみを受ける事もあります。

また、ドラッグストアなどでは「登録販売者」の方が長く勤務をしている人が多い事もあり「薬剤師だからといって威張っている」等、勝手な理由でいじめを受けるケースもあります。

薬剤師になる事で「患者様の気持ちになって接する事が出きるようになった」「頑張って専門薬剤師の資格を取得出来た」「病院の医療チームで、薬の専門家として頼りにされている」等、自慢したい事は多々あるとは思われますが、世間と言うのは本当に「幸せそうな人」「頑張っている人」「信頼されている人」に対して、良いイメージを持つ人ばかりでは無いと言う事を良く覚えておいてください。

せっかく頑張ってなった「薬剤師」です。
本当の意味で自慢できる事は言葉にしなくても人には伝わるものです。
上手に世間から嫌味を言われないよう立ち回る事も必要です。

薬剤師になるのは大変だけど、
その分やりがいのある仕事ですメェ~。
みなさんのがんばりに期待してるメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜