HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > これから薬剤師を目指す方へ > 薬局へのインターンシップは行くべき?

薬局へのインターンシップは行くべき?

これから薬剤師を目指す方へ

薬学生の場合、実務実習で既に薬局での実習を体験している(またはこれから体験する)とは思われますが、この「インターンシップ」は実務実習とは異なり、実際の「職場体験」を身を持って行える貴重な場です。

多くの薬局では「インターンシップ」を通して、実際に薬局で勤務する場合の雰囲気を肌で感じてもらい、薬剤師としての仕事の魅力を知ってもらう為に、実習では体験できないような内容を用意しています。

期間は、短い物では「1日体験型」と言う短期の物から、「5日間~1週間」程度のある程度まとまった体験期間を用意している所もあり、内容も様々です。

基本は、「薬局業務の1日の流れ」を体験するのが「インターンシップ」の主な内容です。
「調剤体験(ピッキング、粉まき、軟膏練り など)」「調剤補助体験(シール貼り、薬状折り、薬袋セット など)」「窓口・接遇体験」等が体験できます。

その他には「薬の勉強会」や「服薬指導のロールプレイング体験」等もあります。

中には、調剤薬局内の体験だけでは無く、希望すれば「在宅医療体験」の可能な薬局もあります。
今後の高齢化社会に伴い、増えて行くであろう「在宅医療」を学生の間に体験しておくことで、新たな発見をする事も可能です。

「インターンシップ」に参加する事は決して無駄な時間ではありません。
むしろ、他大学薬科部の学生も多く参加していますので、グループワークを通して交流や情報交換をする事も出来ます。

また、実際に「薬剤師国家試験」を受験して「薬剤師国家資格」を取得した現役薬剤師から、「国家試験対策」を学べるプログラムがセットされている所もありますので、自分に合ったプランの「インターンシップ」へ参加する事をお勧めします。

薬剤師になるのは大変だけど、
その分やりがいのある仕事ですメェ~。
みなさんのがんばりに期待してるメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜