HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > これから薬剤師を目指す方へ > これから薬剤師を目指す人必見!資格取得までの学費と費用の現実

これから薬剤師を目指す人必見!資格取得までの学費と費用の現実

これから薬剤師を目指す方へ
受験

薬剤師になるためには薬科大学や総合大学でも薬学部に入学して、薬剤師資格取得のために学習する必要があります。
卒業後、国家試験を受験し、薬剤師試験に合格すると、薬剤師として活躍することができます。

薬科大学でかかる費用あれこれ

薬科大学は、国立と私立では学費にずいぶん違いがあります。
6年間通学すると、国立なら300~350万円、私立は1000万円以上かかり、そのさは3倍以上です。
さらに、教材費、雑費、通学、下宿、交通費などもかかります。

薬剤師になるまでは、長い学習期間、高い学費が必要になり、国立薬科大は学費は安いですが、入学はかなり難関です。
学費は、公立が私立の3分の1ですむので、学費の負担額が少なくてすみますが、教科書代が年間、5・7万円かかり、その他の諸経費を計算に入れると30万円以上はかかります。

授業料の免除制度や奨学金制度をうまく利用しよう

また、自宅通学できず、下宿した場合、下宿代の住居費、食費など年間120万円以上はかかるに小で、自宅から通える大学を選ぶと、金銭的な負担を減らすことができます。
国立の薬科大学では、世帯主の年収額によって、授業料が免除されるという制度があるので、そのような制度がある大学を受験するのも一つの方法です。
特待生になれば、授業料は全額免除になります。
学費を上手に捻出するために奨学金制度などを上手く利用しましょう。
また、卒業後の就職先などを考えると、新設の薬科大入学はさけ、歴史があり伝統的な薬科大を選んだほうがいいです。

■国公立薬科大
・入学金/約30万円、年間学費/約55万円 6年間平均350万円

■私立薬科大学
・入学金/35~50万円、年間学費/約135万円、6年間で平均1200万円(文系500万円)

■学費が安い大学/国際福祉大学、防衛大学
■学費が一番高い大学/昭和大学(初年度約300万円)
■学費が一番安い大学/国際医療福祉大学(200万円まで)
■公立と私立の学費の差額/約140万円

薬剤師になるのは大変だけど、
その分やりがいのある仕事ですメェ~。
みなさんのがんばりに期待してるメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜