HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > これから薬剤師を目指す方へ > 転職支援サービス活用術

転職支援サービス活用術

これから薬剤師を目指す方へ

薬学部の6年生ともなれば、薬剤師国家資格受験を目前にしながら、病院や調剤薬局等での実務実習もこなさなければならない等、多忙な1年でもあります。
仮に薬剤師国家資格に合格したとしても、就職先が内定していなければ、せっかくの薬剤師資格も活かすことが出来ません。

「薬学生」は実質、就職する約1年前の3月に「就活のエントリー」が開始されます。

学内での合同説明会や就活支援会社等による企業説明会が開催され、これに参加する事で、ある程度の就職活動の流れや、スケジュールを立てる事が出来るようになります。

4月~8月ともなれば、各企業の個別面談会や職場見学が予定され、暑い夏のさなか、薬学生にとっては過酷な「リクルートスーツ」での活動が余儀なくされてくるわけです。

この様な場合に、ただやみくもに単独で動き回るのではなく、ただでさえ卒業までの学生としてのスケジュールも過密なのですから、「転職支援サービス」を活用する事は非常に有効な手段の一つでもあります。

「転職支援サービス」は、決して転職だけを扱っている訳ではありませんので、この時期ともなれば新卒の薬剤師に特化した案件をいくつも用意してくれています。
逆に薬剤師を必要としている職場は、敢えて「転職支援サービス」に依頼する事で、労力を省き、良い人材の確保に乗り出しているケースも多いのです。

「転職支援サービス」が企画する就職イベントは各地で開催されますので、是非参加するべきでしょう。
大半のイベント会場には、現役の薬剤師や採用者が多く集まっていますので、気になる職場の状況や職場環境等の話をお伺いして情報収集に徹する事が、初めての就職活動を大きく左右するポイントともなります。

無料でできる「転職支援サービス」への登録は、就活にとっては必須である事を覚えておきましょう。

薬剤師になるのは大変だけど、
その分やりがいのある仕事ですメェ~。
みなさんのがんばりに期待してるメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜