HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > これから薬剤師を目指す方へ > ブログ > 薬科大学6年制への賛否両論|安全な薬の処方のために必要なこと

薬科大学6年制への賛否両論|安全な薬の処方のために必要なこと

ブログ
学校イメージ

薬剤師国家資格を受験する為に、薬科大学が4年制から、6年制に変わった事を受け、賛否両論となっているようです。一般的に薬剤師の仕事は、「医師から渡された処方箋通り薬を調剤して渡してくれる」と簡単に思われがちですが、決してそうではありません。実際の現場では、受付で薬を渡す以外にも重要な仕事が存在します。

薬剤師に必要不可欠な業務

薬剤師

「医師からの薬に関する質問の回答」「処方箋の間違いを医師に問い合わせる」「患者さんの薬の問い合わせの電話応対」等薬に関する様々な業務が存在しています。
また、医師からの問い合わせや処方箋のミスを訂正する事は、患者さんの命を守る為に必要不可欠な業務となっています。
これらの業務には、生半可な知識では通用せず、ある程度高度な知識が要求されるわけです。
医師からの質問に対して間違った情報を流してしまった場合や、処方箋のミスに気付けなかった場合、間違った薬を飲ませてしまう事も考えられます。
そう言った事が原因で、患者様が副作用を起こす場合や、最悪な状況ですと命の危険にさらされることも考えられるわけです。

6年間で薬の知識と実務を習得する

書籍

確かに6年制と言うのは長く感じます。
卒業までの費用も考え、就職してから働ける期間を考えると、「もう少し早く薬剤師として働きたい」と思われる方も多いと思います。

しかし、現在医療が発達した分、処方される薬も増え、複数の病院に掛かっている患者様も少なくありません。
またカルテ無しの状態で病名を推測し、処方箋でのミスが無いかを判断する上でも、「薬から病名を逆算する」「性別・年齢・併用薬、保険番号で疾患を特定する」など様々な要素から、安全であるかどうかを推測しなくてはなりません。
そう言った中で、「薬の知識」「実務経験」はとても大切な事です。
学生のうちにそれらをしっかり習得する事で、より安全な薬の処方が可能となってくるのです。

薬剤師になるのは大変だけど、
その分やりがいのある仕事ですメェ~。
みなさんのがんばりに期待してるメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜