HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > これから薬剤師を目指す方へ > ブログ > 薬剤師になるには?受験資格や学費を解説!

薬剤師になるには?受験資格や学費を解説!

ブログ
ファイルを持った女性

薬剤師国家試験の受験資格

ファイルを持った女性
平成18年度大学入学者より、薬剤師法改正により、「薬剤師国家試験」の受験資格は、「薬学の正規の課程のうち修業年限を6年とする課程を卒業した者」となっています。
その為、薬剤師になる為にはまず、薬学系の大学で6年間勉強しなくてはなりません。

学費は500万円~2000万円

現在国内には、74校の薬学系学科を設置している大学が存在しています。
その半分は私立大学ですので、国立に比べると学費も高めになるようです。
費用は国立で年間約60万円。
私立で年間150万円~300万円と少々開きがあります。
その他に、入学金、教科書代、実験費用などもありますので、「薬剤師国家試験」を受けるまでには、6年間で最低でも500万円~最高で2000万円程度は掛かることは予想しておきましょう。

薬剤師国家試験とは?

「薬剤師国家試験」は、毎年3月の2日間にわたり実施されます。
平成21年度の合格者を例に挙げますと、合格者は1万1301人で、合格率74.4%となっています。
推定では、受験合格率は7割~8割と比較的高くなっています。
合格する事で、申請後「厚生省」の「薬剤師名簿」に登録され初めて薬剤師免許が取得できるのです。

主な就業先

大学卒業後、すぐに国家試験を受けて薬剤師となり就職する割合は64%となっていて、残り34%は大学院への進学を希望しています。
卒業後の就業先別でみてみると、「薬局30.7%」「病院・診療所14.9%」「製薬企業8.6%」となっています。

独学で薬剤師になることは可能?

ノート
よく「独学で薬剤師資格を取得できるのか」と言う質問がありますが、現在においては残念ながらそれは出来ません。
もし現在薬学以外の大学を卒業後に薬剤師国家資格を取得したい場合は、いくつかの大学では編入試験を行っている所もありますので、一度編入学試験の出来る大学を探して調べてみる事をお勧めします。
但し、大学によって編入できる学年は異なりますので、最終的に何年勉強するかは一概には言えません。

薬剤師になるのは大変だけど、
その分やりがいのある仕事ですメェ~。
みなさんのがんばりに期待してるメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜