HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > これから薬剤師を目指す方へ > ブログ > 薬剤師になるまでの厳しい道のり|留年してしまう学生も?

薬剤師になるまでの厳しい道のり|留年してしまう学生も?

ブログ
手帳

難しい入学試験と厳しい授業内容

正直、「薬学部」は入学試験も難しいですが、入学後も大変厳しい内容になっています。
基本週に5日は授業があり、大半が必要な科目なので時間割通りの勉強となります。
その為、他の大学のように自分で講義を選択する事は殆どありません。

1年生の前期は授業がメインとなり、後期には実習も入ってきます。
3年生で専門科目も入ってきますので、とても忙しい毎日になります。
ここで、万一留年してしまうと、非常に困ることになります。

学生の中には、講義や実習に出席するのが大変になり勉強について行けず、留年してしまうケースもしばしばあります。

「OSCE」と「CBT」

4年生の段階で第一関門と言われる「OSCE」「CBT」と言う二つの試験に合格しなくてはなりません。
その為に必要な「実習・模試・定期試験・基礎実習」をこなす必要があるのです。

5年生では比較的実習となるので楽になりますが、その1年後の6年生では「研究」や「卒論」「国家試験の準備」となりますので、薬学部の学生には遊ぶ暇はあまりないようです。

薬剤師の厳しい世界

「薬剤師」は、他の医療関連業務と比べると比較的楽な職業と思われがちです。
しかし実際のところ「薬剤師」は「資格取得」までの道のりも、就職後の業務内容自体も、非常に厳しい世界です。
枯れ木
また、6年間の学生生活となるので学費もかなりの負担となります。

大学の中には「奨学金制度」のある大学もありますが、この奨学金の対象となる学生は、勿論成績優秀者となりますので、「奨学金」を受ける為には、更に高校時代から勉強を重ねなければなりません。

因みに薬学系の大学合格偏差値の目安は「60-70」と非常に高いため、受験の際にもかなり勉強が必要となってきます。

入学後は、「薬剤師国家試験に合格する」と言う目標を明確にしておかない限り、卒業する事も難しいと言うのが、現在の薬学部事情と言えます。

薬剤師になるのは大変だけど、
その分やりがいのある仕事ですメェ~。
みなさんのがんばりに期待してるメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜